TITLE「フランケンシュタインの逆襲」

  •  
2016/03/26
カテゴリ:ホラー

名門ハマー・フィルム プロダクションによるゴシックホラー「フランケンシュタインの逆襲」をご紹介します。

こちら、ハマー・フィルム映画には欠かせない名コンビ、ピーター・カッシングとクリストファー・リーが初めて共演した作品です。

クリストファー・リーはこの後、ドラキュラ伯爵として名を馳せ、数々の作品に出演、あんまりにもたくさん出演しているので途中端折り、「ロード・オブ・ザ・リング」「ホビット」シリーズでサルマンを演じたことで、近年の映画ファンにも良く知られた俳優である。

「ホビット 決戦のゆくえ」の出演を最後に、昨年2015年6月に死去、享年93歳だった。

 

そんなクリストファー・リーが、この作品ではほとんど原形を留めていない怪物役として登場する。

人体実験でヘドロ化した顔は恐ろしく、リーの面影はほとんど・・・ない(-_-;)

この頃はほぼ無名なので仕方あるまい。

 

この作品で描かれるフランケンシュタイン男爵(ピーター・カッシング)は、とんでもないマッド・サイエンティスト。

学問を究めるうちに、自らの手で人造人間を作ることに全人生を賭けてしまう。

もうそうなったら、何のための人造人間なのか訳もわからなくなり、実験を成功させるためには人の命をも奪う恐ろしいサイコになってしまうのだ。

 

最後の最後まで、人の道に戻れないフランケンシュタイン男爵こそが、真の「怪物」であることに、最後観客は気が付き、「人間」ほど恐ろしいものはないと背筋が凍るのである。

 

マーケティング部A子

 

詳細はこちら

作品検索

ENTRY

ページトップへ