TITLE「ジャイアンツ」

  •  
2016/02/01
カテゴリ:ドラマ
ジャイアンツ

私がワーナーに入社した○年前、「Jamesの表記は“ジェームズ”ですか、それとも“ジェームス”ですか?」と言う初々しい質問に、当時の上司は「本来は“ジェームズ”だけど、例外としてJames Deanだけは“ジェームス”」と教えてくれました。
なので、弊社の表記では「ジェームス・ディーン」になっているはずです。

さて、そんなジェームス・ディーン。生きていたら、今年の2/8でクリント・イーストウッドと同い年の85歳になるはずでした。
しかし皆さんよくご存じのように、享年24歳、自動車事故でこの世を去りました。今回ご紹介させて頂く「ジャイアンツ」クランクアップの1週間後のことです。

テキサスの大牧場主ジョーダン(ロック・ハドソン)のもとに、東部から嫁いできたレズリー(エリザベス・テイラー)、そして彼女に思いを寄せる牧童のジェット(ジェームス・ディーン)。
唯一のジェットの理解者であったジョーダンの姉ラズが、ジェットに土地の一部を遺して落馬事故で亡くなった。ジェットは油田の採掘に賭け、見事に成功。土地の名士になる。ジェットの成功を苦々しく思うジョーダンとの確執は尾を引き・・・という30年にわたる壮大な大河ドラマ。

同様にアメリカ南部を舞台にした「風と共に去りぬ」に並ぶ、“ザ・アメリカン”な叙事詩的映画に華を添える主演のロック・ハドソン、エリザベス・テイラー、そしてジェームス・ディーンは、当時皆20代。
ハドソンのアメリカの理想を体現する存在感のある美しさ、テイラーの意志の強さを表現するスミレ色の瞳、ディーンの時代を具現化したかのような影のある孤独な若者像。
みなひたすらに美しく、ハドソンとディーンは、揃ってアカデミー賞主演男優賞にノミネートされました(エリザベス・テイラーは本作ではノミネートを逃すも、翌年から4年連続で主演女優賞にノミネートされ「バターフィールド8」で受賞)。

ロック・ハドソンは著名人として初めてエイズを公表し、1985年に59歳でこの世を去り、
エリザベス・テイラーも長い闘病生活の末、2011年に79歳で亡くなりました。
しかし2人は、ジャイアンツ以降も多くの作品を遺していますが、ジェームス・ディーンの主演作は「エデンの東」「理由なき反抗」そして「ジャイアンツ」の3本のみ。
生きていたらどんな俳優になっていただろう、どんな名作がうまれただろうと思わずにはいられませんが、若くして亡くなったからこそ伝説になった、という側面もあります。

映画好きなら、一度は見てほしい、見なくてはならない俳優の一人です。
ちなみに私の家のリビングにはジェームス・ディーンのB全サイズポスターが飾られております。

マーケティング部Y子

❤詳細はこちら

作品検索

ENTRY

ページトップへ