TITLE「マイケル・コリンズ」

  •  
2016/01/15
カテゴリ:ドラマ, 伝記

映画大好きK子です。
今日はちと昔に返り、「マイケル・コリンズ」についてつぶやいてみたいと思います。

“動乱の時、英雄は現れる”
31年という短い生涯。その一生を母国のために注ぎこんだアイルランド独立運動の英雄マイケル・コリンズの物語。
べつに実話の重みがとか、実話と知って観てるから迫真性が増すとかは度外視しても、
かなりボディブローが堪える作品ですな。
祖国への愛にすべてを捧げた英雄譚なんて描き方を、まさかニール・ジョーダンがするわけもなく、
道徳とか
正義とか
大義とか
そんなものでさえ普遍性なんてものはなく、立ち位置変わると、まったく真逆なものに変質するという不条理をしっかり描いております。
思い込めば、それが真実…。
時には凝り固まった自分の価値観なんてものを叩き割るのに、ずっしりとした映画を観てみるのも有効なんだと改めて痛感。

そして、この作品では、昨日逝去された名優アラン・リックマンがコリンズの盟友のちに政敵となるデ・ヴァレラを演じている。
己の大義をよすがにコリンズを追い詰めていく張りつめた演技は秀逸です!

ご覧あれ!!

 

❤詳細はこちら

作品検索

ENTRY

ページトップへ